登園初日の様子

かやちゃんとりん君姉弟 どきどき初登園をご紹介いたします

6月3日(月曜日)、はじめてオーストラリアのKINDYへの登園です。

ブロックでの煙突づくりブロックで大きな煙突をつくりました。写真には写っていませんが、KINDY(年中組)のサマンサとPREP(年長組)のビアンカと4人で仲良く、協力して、煙突をつくりました。

 

7:50AM

KINDY到着。PREP(年長組)の担当の先生、ミス・アリスにご挨拶。恥ずかしがって、HELLOはちょっと、でてきませんでしたね。今日はお天気が悪く、朝登園すると、他の子どもが、KINDY(年中組)の教室で遊んでいたので、早速、ふたりも仲間に加わりました。

他の子どもは、恐竜のおもちゃで遊んでいます。二人は,遠慮がちにその様子を見ていました。そのうち、かやちゃんは近くにあった赤ちゃんの人形で、りん君はブロックで遊びはじめます。

8:10AM

おかあさんは、英語学校へ行く時間。二人とも、お母さんが帰るのを気にかける様子もなく、「バイバイ」をいって、スムーズにお別れ。ミス・アリスは心配そうに、様子を見ていましたが、二人とも泣く様子もなく安心!

9:00AM

KINDYの教室は子ども達でいっぱいになったので、PREP組の子ども達はPREPの教室に移動。二人もPREPの教室へ。そこで、紙に、チョークでお絵かきをしました。一つの入れ物に入った、チョークを他の子どたちと仲良く使っています。(りん君がそのうち、お絵かきをした紙を折り紙のように折りたたんでいろいろなものをつくりはじめると、まわりの子ども達も真似て、折り紙もどきを・・。こちらの子ども達はあまり、紙を折って遊ぶということをしないので、無言の文化交流があったようです!)

9:15AM

みんな、教室のカーペットに貼られた、四角いテープの中にすわると、先生が出席をとります。一人一人の子どもの名前が呼ばれると、“HERE!”と言って、返事をします。さぁ、かやちゃんの番。言えるかな?“Here”小さな声でしたが、しっかり返事ができました。さて、次はりん君の番です。どうでしょう。“Here”。りん君も小さな声ではありましたが“RIN?!”と呼ぶ、ミス・アリスの声をしっかり認識して、ご挨拶できました。

次に、SHOW & TELLの時間です。毎日、3・4人の子ども達が、家から自分のお気に入りのおもちゃや、旅行で撮った写真、お誕生日にもらったプレゼントなどを持ってきて、クラスの皆に見せて、それに関してのお話をします。かやちゃん、「かやは、何ももってこんかったあ・・」と心配な様子。大丈夫です。毎日発表の順番が決まっています。

ブロックでの煙突づくりPREP(年長組)の教室です。“SHOW & TELL”の時間。自分のお気に入りのものを家から持ってきて、クラスのみんなに紹介します。そして、質問のある子は手をあげます。こんな小さいうちから、人前で発表することが幼稚園のアクティビティーの中にとりいれられています。

 

9:30AM

さぁ、次は、MORNING TEAの時間です。その前に手をあらいましょう。ミス・アリスは子ども達の名前の書かれた、カードを次々にめくっていきます。自分の名前が出てきたら、ドアのところに並びます。

お天気がよければ、MORNING TEAとAFTERNOON TEAは、外のベランダで食べるのですが、今日は、雨が今にも降りそうで、風も強いので、お教室のタイルの部分に座って食べます。床に座ることにためらう様子もなく、他の子供達の様子をうかがいながら、見習っています。こちらでは、子供達は“あぐら” Sitting With Legs Crossed をかいて座ります。二人はついつい、正座を!(微笑)りん君はおとなりに座った、ビアンカとおしゃべりをしています。(勿論、日本語で!(微笑))

MORNING TEAのあとは、グループにわかれ、テーブル毎にアクティビティーをしていきます。二人は最初、色鉛筆で塗り絵です。JOLLY PHONIX(ジョリーフォニックス)の文字“i” ITCHIY INSECTS i i i.「イッチィ インセクツ イ イ イ」を塗っています。隣に座っているのは、ビアンカとジョシュアです。

ふたりのいるグループは、次のテーブルに移動して、はさみを使って、雑誌を切ります。ミス・アニータが様子をみていると、「二人はどうも雑誌を切り取ることが悪いことをしているようで、抵抗があるようだ・・・」とコーディネーターに教えてくれました。
(注:コーディネーターは少しずつ距離を空けるため、このアクティビティーの時間はずっと、塗り絵のテーブルにいました。)

そして、その次は文字“i”を書く練習です。りん君は沢山、“i”を書きました。

その次は、カーペットの上で、ブロック。かやちゃんは、ちょっと飽きてしまったようで、時々、コーディネーターのいるテーブルにやって来ました。

最後は、コンピューターです。コンピューターのところには、ミス・タバサが。二人で、一つのコンピューター、試行錯誤していたようです。(オーストラリアの幼稚園は最近コンピューターのアクティビティーは当たり前のようになってきています。)

1時間のアクティビティーを終えると、ミス・アニータが絵本を読んでくれました。さぁ、外は、まだかろうじて、雨は降っていないようです。このわずかな合間をぬって、体を動かしましょう。ミス・アニータが2・3人ずつ、名前を呼びます。皆の前にでて、カーペットの上に横になり、自転車をこぐ、動きをしてみます。さぁ、最後の方で、二人の名前が呼ばれました。かやちゃん、前に出ていくことに抵抗があるのか、りん君の肩を抱き、じっとしていました。(ミス・アニータ強制はしません。)

終わった子供たちから、ミス・タバサと外でHOP・STEP・JAMPやカンガルーの真似などをして、体を動かします。二人は、皆と距離を置いて、ぴったり抱き合いながら、様子を見ていました。

外で体を動かしたあとは、また教室にはいり、それぞれ好きなアクティビティーを。テーブルの上にはパズルや、塗り絵、 床にはLEGOが。ふたりは、パズルのテーブルに。りん君は、蝶のパズルを何度も、繰り返しやっていました。かやちゃんは、複雑なBIG BIRD(セサミ)のパズルと悪戦苦闘。コーディネーターもお手伝い。

12:00PM

さぁ、ランチの時間です。Morning Teaと同じようにトイレに行って、手を洗い、テーブルの上に自分のランチが置かれた所に座ります。

ランチタイムの風景ミス・アニータも一緒に座って食べています。おっと!途中で、りん君はDRINK BOTTLEを倒してしまったようです。大丈夫かな?ミス・アニータがすぐに気がついてくれました。まわりの子も心配そうです。

 

ランチを食べ終わった子どもから、好きな絵本をとって、カーペットの上で、静かに本を読みます。このお昼の時間になるとお隣のKINDYのクラスは既にお昼寝の時間。ランチも大きな声でおしゃべりはいけません。

12:50PM

さぁ、みんなランチを食べ終わったら、午後は、フォニックスの練習です。Itchy Insect I I I をはじめ、Jumping Jellybeans j j j を皆で練習します。かやちゃんはかなりこのフォニックス に興味があるようで、熱心にミス・アリスの話しを聞いて、そっと口ずさんで練習しているようです。りん君も、時たま聞こえてくるお姉ちゃんの声に刺激されるのか、同じように口ずさんでいました。

さぁ、次は、みんなに、アルファベットの書かれたカードが渡されます。子どもたちは、その文字から始まる単語を教室の中から探します。5分ほど、教室をあるきまわったあと、さぁ、みんな、何を見つけたか、発表です。

かやちゃんは、「S」りん君は、「L」です。二人には、今回特別に、コーディネーターが、ヒントを。かやちゃんは、“Socks”、りん君は“Lock”。さぁ、言えるでしょうか。二人の順番はなかなか来ません。かやちゃんは、どきどきしているのか正座をしながり、もじもじ。りん君は、途中でトイレに行きたくなったらしく、かやちゃんが「たー(りん君)、トイレだって!」と教えてくれました。コーディネーターがりん君を呼んで、「ミス・アニータに、Toilet Please言えるかな?」と・・・。照れてなかなか言い出せません。トイレはもう、緊急のようです。ミス・アニータが「あの様子だけで、十分、意思は伝わったわ!」と笑っていました。(ボディーランゲージも大事なコミュニケーション手段です!)

さて、りん君がトイレから戻るとすぐに、かやちゃんの名前が呼ばれました。名前を呼ばれると、今度は臆することなく、前に出て行きました。でも、さっき、Socksを練習したのに、時間がたって、忘れてしまったようですが、しっかりと前に出て、皆の前に立つことができました。(見知らぬ環境の中では、それすら、大きな勇気がいることです。)終わると同時に、もじもじしていたのは、やっぱりトイレだったのか、あわてて、「トイレ!」といって、トイレに直行。

次は、りん君の番です。りん君も、名前が呼ばれると、しっかり前にでていきました。やはり、さっきは言えた、“Lock”を忘れてしまったようです。でも、皆の顔をしっかり見ることができていました。

さて、そろそろ、りん君のあくびが・・・。皆の順番が終わって、二人は、皆に、バイバイと手をふって、1日目を終えました。

門を出るとき、「どう?KINDY楽しかった!?」とコーディネーターがたずねると、二人とも、返事は、「うん!」そして、KINDYをバックに二人で、ぱちり!ほっと一安心です。


Twinkle Kidsでは、お子様の登園初日のコーディネーター付き添いが含まれています。お子様と他の園児達、そして、先生方との橋渡しのお手伝いを致します。また、1日目の終了時、園でのお子様の様子を詳しくご報告いたします。さらに、その様子をレポートにいたしまして、後日お渡ししています。

▲ページトップへ