オーストラリアのKINDYについて

ゴールドコーストのあるクイーンズランドにはさまざまな幼児教育のサービスがあります。
共稼ぎ率が高いという事情もあり、その多くが、Day Care Centre または Child Care Centre と呼ばれるいわゆる保育園になります。Kindergartenと呼ばれる日本でいう幼稚園の数は非常に限られています。
一般的に幼稚園も保育園もともに総称してKINDYと呼ばれていることが多いようです。

Twinkle KidsではNCAC(National Childcare Accreditation council)の認可を得た保育園=Child Care Centreのみを手配しております。

ゴールドコーストにある保育園に通う園児の多くは、週に2日だけ、または週に3日だけというように、ご両親の仕事の形態にあわせて、通園日を決めているため、曜日によって園児の顔ぶれはかわってきます。全体的には、週5日通園するお子様は少なく、週に2-3日のみの通園のお子様が大半です。

保育時間・保育年齢

保育園は7am ~6pmというのが一般的な保育時間ですが、その時間帯はそれぞれの園によって異なります。年齢も幼稚園は通常3才~5才ですが、保育園では18ヶ月~5才までという園もあれば、6週間~6才までといった園もあり、保育年齢も異なり、クラスの年齢構成も園によりまちまちです。下記は保育園のクラス構成の一例です。

保育園のクラス構成の一例
0-24ヶ月 BABY ROOM
15ヶ月-2才6ヶ月 TINY TODS ROOM
2才6ヶ月-3才6ヶ月 KINDY ROOM
3才6ヶ月-5才 PRE SCHOOL ROOM

プログラム

また、保育園によっては、BEFORE SCHOOL CARE または AFTER SCHOOL CARE といって、朝、小学校が始まる前、または午後学校が終わってからの時間帯のみ就学児童を預かるところもあり、通常それらの園は VACATION CARE という小学校の休みの期間中(スクールホリデー)だけ、日中でも就学児童を預かるプログラムを持つところもあります。

保育園は、土日祭日をのぞいて、通年託児をしています。ただし、スクールホリデーの期間は、ホリデープログラムといって、通常のルーティーンプログラムではなく、様々なアクティビティーが用意されています。(スクールホリデーの日程は、FAQをご参照ください。)

通常のプログラムは園によってそれぞれ異なりますが、NCAC(National Childcare Accreditation council)の認可を得るためには、設備・スタッフ・アクティビティなど、一定の厳しい基準をクリアしていなければなりません。

他民族国家であるオーストラリアにあるKINDYでは、文化・宗教・行事などに関しても十分な注意を払った保育がなされています。たとえば、各教室に置かれているお人形は、白い肌をしたお人形、黒い肌をしたお人形の両方があります。また性別などでの区別もなく、お人形は女の子だけでなく、男の子の人形もあります。

KINDYにおける民族構成も多様です。一見オーストラリア人ばかりに見えても、実はイタリア人だったり、フランス人だったり、イギリス人だったり。アジア人も勿論、見かけます。肌の色が違うから、髪の色が違うから・・といって、特別な目で見られることはありません。

毎日のプログラムも、園児達の発育段階を細かに観察し、その観察記録をもとに、1週間のプログラムを作成します。

1日の流れ

1日の流れも、園によってまたはクラス(年齢)によってことなります。ここでは最年長クラスでの1日の流れの一例を紹介いたします。

1日の流れ
07:00-09:00
<登園時間>
お天気がよければ、園児達は登園と同時に園庭で遊びます。園庭には遊具だけでなく、水彩や、粘土など毎日違ったアクティビティーが用意されています。
09:00-09:30
<グループタイム>
教室に入り、出席をとり、SHOW & TELLや、歌を歌ったりします。
09:00-10:00
<モーニングティー>
午前のおやつ
10:00-11:30
<スモールグループタイム>
工作、コンピューター、お絵かきなど小さなグループに分かれてのアクティビティ
11:30-11:00
<外遊び>
外遊びで身体を動かします
11:00-13:00
<ランチタイム>
お昼の時間、食べ終わったら、自分のベッドを準備してお昼寝の準備をします。
13:00-14:30
<レストタイム>
お昼寝の時間です。年齢の大きいクラスではビデオを見たり、絵本を読んだり、お昼寝をする子もいます。
14:30-15:00
<アフタヌーンティー>
午後のおやつ
15:00-17:00
<外遊び>
外で遊びながら、ご両親のお迎えを待ちます。
17:00-18:00
<内遊び>
この時間帯になると、園に残る子供達の人数も少なくなります。一つの教室でビデオをみたり、パズルをして、ご両親のお迎えを待ちます。

おやつやランチ

おやつやランチは、各自持参をするのが一般的です。しかし、園によっては、託児費用に含めて、おやつやランチ(またはおやつのみ)を提供する給食のシステムをもつところも増えてきています。

▲ページトップへ