学校について

Precious Kidsでは、小学校、中学校、高校、そして英語学校と各学校の手配をいたしております。
オーストラリアの教育制度は、州ごとに若干ことなるため、ここでは、クイーンズランドの教育制度をご紹介いたします。

小・中・高校

クイーンズランド州の初等・中等教育は次のとおりです。

クイーンズランドの教育制度
Preparatory Year
(通常PREPと呼ばれます)
準備学級 (小学校進学前の1年)
Primary School 小学校 (1年生-7年生)
Junior Secondary School 中学校 (8年生-10年生)
Senior Secondary School 高校 (11-12学年)

義務教育
義務教育は学年ではなく、年齢で定められており、6歳から15歳となり、通常は10年生で義務教育を終了します。

学期・スクールホリデー
学校は、4学期制で、新学期は通常1月の末からスタート。各学期は約10週間あり、学期と学期の間には、約2-3週間のスクールホリデーがあります。4学期が11月の末に終わると、11月末から翌年の1月末の新学期スタートまでは、約2ヶ月のスクールホリデーとなります。月曜から金曜日までの週休2日制です。

学校の様子
授業の時間は、学校によって異なりますが、多くの学校が8時半から3時までとなっています。給食はなく、ランチやおやつを持っていきますが、TUCKSHOP(タックショップ)と呼ばれる売店で購入することも可能です。1クラスは、通常20~30人程度で、日本と比較して、少人数クラスになります。どの学校も通常、学校ごとに制服があります。

授業時間の一例
8:45 1st Bell
8:55-11:00 授業
11:00-11:45 1回目の休み時間
11:50-1:45 授業
1:45-2:10 2回目の休み時間
2:15-2:55 授業
2:55 ホームルーム後、授業終了

※学校や学年によってことなります。

学校の種類
学校は、州立校(公立)と私立校とがあります。私立校は、キリスト教などの宗教系が多く、授業の中でも礼拝の時間などがあり、男子校、女子高と男女別学もみうけられます。

英語学校

オーストラリアには、数多くの英語学校があり、一般英語コース、IELTSコース、ケンブリッジテスト準備コースなどのコースのほか、ヤングラーナーズコース(6-12歳)や、ハイスクール準備コース(13歳以上)といったコースを持つ英語学校もあり、これらの学校では、お子様の単身留学を受け入れている学校もあります。

通常、コースは1週間から受講可能。毎週月曜日から、年間を通して入学ができます。但し、最低2週間以上の学費納入を条件とする学校が多く、1週間の受講でも2週間分の学費が必要となります。

授業の時間は通常8時半~2時半ぐらいまでになります。

※IELTSとは、英語を母国語としない外国人向けの英語能力判定テストです。外国人が、オーストラリアの大学や専門学校への入学する場合の、英語条件として広く利用されています。また、オーストラリアの永住ビザなどの発給に必要な英語力もこのIELTSが英語力判断基準として利用されています。

ビザについて

これらの学校には、12週間までは観光ビザでの通学が可能です。それ以上の通学を希望する場合、学生ビザの取得が必要となります。また、私立学校、英語学校によっては、お子様のみの単身留学も可能ですが、州立校の場合は、16歳未満の場合は、保護者同伴が義務付けられています。12週間を超えての通学を希望する場合は、学生ビザの取得が必要となります。

※オーストラリアのビザの条件などは、頻繁に変更されるため、最新の情報ならびに詳しくは、オーストラリア大使館ビザ査証課などにお問い合わせください。また学校に関する情報も一般情報を提供するものであり、 学校によっては、上記情報と異なる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ